コピーできないUSBメモリ

コピーできないUSBメモリ

コピーできないUSBメモリ

HISTORY

Release

Version

基本的な機能は既にVer1.0で完成していた

使いやすさを追求し早5年、思い返せば長かった5年

改善は単純な機能アップだけではない

ハードウェアーやパッケージ提供など多岐にわたる改善を行った

多様なニーズに答えて日々進化をつづけている

2010.1 Ver1.0公開

Click...

Ver1.0
Ver1がやっと完成した。

独自のコンセプトで作られたUSBコピーガード。
それまでCD/DVDは他社のコピーガードライセンスを使っていた。しかし、不満があった。コピーできないので大量は作りずらい。価格も高くなってしまう。USBメモリは独自コンセプトで作りたいと思った。

USBは独自で作ってしまおうと思ったが社内では否定派が大半。完成すると社内でも評判良くメディアでも取り上げられ問い合わせが増えた。

チャレンジする事で想いは叶えられる。

対応OS:WindowsXp/Vista/7(32)

 

2010.4 Ver2.0

Click...

Ver2.0
機能を変更できるカスタマイズ機能ができた。
1本づつお客さん側で保護設定を変えられる機能だ。管理ソフトUsbManageの付属で必要な制限にチェックを入れてもらう方式。設定が終わったらUsbManageを削除しても設定された機能が有効になる。

この機能がなかったので小ロット対応ができず、営業面で苦戦した。これからは、1本買ってもらって良かったら必要な本数の注文をもらおう。

対応OS:WindowsXp/Vista/7(32)

2011.2 Ver3.0

Click...

Ver3.0
新機能と諸機能をブラッシュアップ

要望のあった幾つかの機能に対応

企業用のセキュリティーUSBメモリとして利用したいとの要望に答え、ハイパーセキュリティーが登場

制限アカウントに対応。それまでは管理者権限が必要だったが、UsbRegist(現UsbQuickStart)を事前セットアップする事で制限アカウントでも利用できるようになった。

対応OS:WindowsXp/Vista/7(32)

2011.5 Ver3.1

Click...

Ver3.1

レーザーマーキング機導入。レーザー照射で社名や製品名をマーキングするマシンだ。少ないロットでもオリジナルUSBメモリの提供ができる様になった。

 

Windws7 64bit版対応
それまで32bitでは使えた手法が64bitでは禁止されていた。64bitでは同じ機能を違う方法で実現した。

 

ハードウェアーの自社生産
このころ、USBメモリのハードウェアー部分の自社生産に切り替えた。提供できるメモリ容量とUSBケースの種類が増えた。

対応OS:WindowsXp/Vista/7(32)(64)

2012.9  Ver4.0

Click...

Ver4.0

溶剤系インクジェット印刷機導入。プラスチックのUSBメモリにフルカラーで印刷できる印刷機が導入された。アルミ製のUSBメモリは印刷はできないが、プラスチックにはフルカラー印刷ができるようになった。従来はシルク印刷で単色で2色程度だった。

 

セキュリティー機能の強化
海外輸出に対応する為に、暗号化ロジックを廃止してアクセスコントロールのみにした。

これによりオリジナルUSB作成を小ロットで対応できるようになった。

UsbServerの登場

対応OS:WindowsXp/Vista/7(32)(64)

2013.11 Ver4.5

Click...

 

Windows8対応完成。

OSのUSBメモリのアクセス方法が変更になった為、根本的な見直しを迫られた。

Windows8から高速スタートアップという機能が標準になり、この対応に時間がかかる。

幾つかの機能アップが計画されていたがOS対応のみを優先して機能アップは最低限にとどまった。

カラー印刷ができるマーキング機を導入。フルカラー印刷での名入れ対応ができるようになった。

対応OS:WindowsXp/Vista/7/8

Windows7以降は64bitOSにも対応

2014.8 Ver5.0

Click...

Windows8.1対応

Windows8と8.1は構造的な問題で大幅な仕様変更があった。USBメモリの規格も変更があったので対応に時間がかかった。Ver4.5で先送りになっていたマルチランゲージ対応(日、韓、中、英)に対応した。

Ver5で過去リクエストのあった機能は、ほぼ網羅している。

対応OS:WindowsXp/Vista/7/8/8.1

Windows7以降は64bitOSにも対応

 

HISTORY

Release

Version

基本的な機能は既にVer1.0で完成していた

使いやすさを追求し早5年、思い返せば長かった5年

改善は単純な機能アップだけではない

ハードウェアーやパッケージ提供など多岐にわたる改善を行った

多様なニーズに答えて日々進化をつづけている

2010.1 Ver1.0公開

Click...

Ver1.0
Ver1がやっと完成した。

独自のコンセプトで作られたUSBコピーガード。
それまでCD/DVDは他社のコピーガードライセンスを使っていた。しかし、不満があった。コピーできないので大量は作りずらい。価格も高くなってしまう。USBメモリは独自コンセプトで作りたいと思った。

USBは独自で作ってしまおうと思ったが社内では否定派が大半。完成すると社内でも評判良くメディアでも取り上げられ問い合わせが増えた。

チャレンジする事で想いは叶えられる。

対応OS:WindowsXp/Vista/7(32)

 

2010.4 Ver2.0

Click...

Ver2.0
機能を変更できるカスタマイズ機能ができた。
1本づつお客さん側で保護設定を変えられる機能だ。管理ソフトUsbManageの付属で必要な制限にチェックを入れてもらう方式。設定が終わったらUsbManageを削除しても設定された機能が有効になる。

この機能がなかったので小ロット対応ができず、営業面で苦戦した。これからは、1本買ってもらって良かったら必要な本数の注文をもらおう。

対応OS:WindowsXp/Vista/7(32)

2011.2 Ver3.0

Click...

Ver3.0
新機能と諸機能をブラッシュアップ

要望のあった幾つかの機能に対応

企業用のセキュリティーUSBメモリとして利用したいとの要望に答え、ハイパーセキュリティーが登場

制限アカウントに対応。それまでは管理者権限が必要だったが、UsbRegist(現UsbQuickStart)を事前セットアップする事で制限アカウントでも利用できるようになった。

対応OS:WindowsXp/Vista/7(32)

2011.5 Ver3.1

Click...

Ver3.1

レーザーマーキング機導入。レーザー照射で社名や製品名をマーキングするマシンだ。少ないロットでもオリジナルUSBメモリの提供ができる様になった。

 

Windws7 64bit版対応
それまで32bitでは使えた手法が64bitでは禁止されていた。64bitでは同じ機能を違う方法で実現した。

 

ハードウェアーの自社生産
このころ、USBメモリのハードウェアー部分の自社生産に切り替えた。提供できるメモリ容量とUSBケースの種類が増えた。

対応OS:WindowsXp/Vista/7(32)(64)

2012.9  Ver4.0

Click...

Ver4.0

溶剤系インクジェット印刷機導入。プラスチックのUSBメモリにフルカラーで印刷できる印刷機が導入された。アルミ製のUSBメモリは印刷はできないが、プラスチックにはフルカラー印刷ができるようになった。従来はシルク印刷で単色で2色程度だった。

 

セキュリティー機能の強化
海外輸出に対応する為に、暗号化ロジックを廃止してアクセスコントロールのみにした。

これによりオリジナルUSB作成を小ロットで対応できるようになった。

UsbServerの登場

対応OS:WindowsXp/Vista/7(32)(64)

2013.11 Ver4.5

Click...

 

Windows8対応完成。

OSのUSBメモリのアクセス方法が変更になった為、根本的な見直しを迫られた。

Windows8から高速スタートアップという機能が標準になり、この対応に時間がかかる。

幾つかの機能アップが計画されていたがOS対応のみを優先して機能アップは最低限にとどまった。

カラー印刷ができるマーキング機を導入。フルカラー印刷での名入れ対応ができるようになった。

対応OS:WindowsXp/Vista/7/8

Windows7以降は64bitOSにも対応

2014.8 Ver5.0

Click...

Windows8.1対応

Windows8と8.1は構造的な問題で大幅な仕様変更があった。USBメモリの規格も変更があったので対応に時間がかかった。Ver4.5で先送りになっていたマルチランゲージ対応(日、韓、中、英)に対応した。

Ver5で過去リクエストのあった機能は、ほぼ網羅している。

対応OS:WindowsXp/Vista/7/8/8.1

Windows7以降は64bitOSにも対応

 

HISTORY

Release

Version

基本的な機能は既にVer1.0で完成していた

使いやすさを追求し早5年、思い返せば長かった5年

改善は単純な機能アップだけではない

ハードウェアーやパッケージ提供など多岐にわたる改善を行った

多様なニーズに答えて日々進化をつづけている

2010.1 Ver1.0公開

Click...

Ver1.0
Ver1がやっと完成した。

独自のコンセプトで作られたUSBコピーガード。
それまでCD/DVDは他社のコピーガードライセンスを使っていた。しかし、不満があった。コピーできないので大量は作りずらい。価格も高くなってしまう。USBメモリは独自コンセプトで作りたいと思った。

USBは独自で作ってしまおうと思ったが社内では否定派が大半。完成すると社内でも評判良くメディアでも取り上げられ問い合わせが増えた。

チャレンジする事で想いは叶えられる。

対応OS:WindowsXp/Vista/7(32)

 

2010.4 Ver2.0

Click...

Ver2.0
機能を変更できるカスタマイズ機能ができた。
1本づつお客さん側で保護設定を変えられる機能だ。管理ソフトUsbManageの付属で必要な制限にチェックを入れてもらう方式。設定が終わったらUsbManageを削除しても設定された機能が有効になる。

この機能がなかったので小ロット対応ができず、営業面で苦戦した。これからは、1本買ってもらって良かったら必要な本数の注文をもらおう。

対応OS:WindowsXp/Vista/7(32)

2011.2 Ver3.0

Click...

Ver3.0
新機能と諸機能をブラッシュアップ

要望のあった幾つかの機能に対応

企業用のセキュリティーUSBメモリとして利用したいとの要望に答え、ハイパーセキュリティーが登場

制限アカウントに対応。それまでは管理者権限が必要だったが、UsbRegist(現UsbQuickStart)を事前セットアップする事で制限アカウントでも利用できるようになった。

対応OS:WindowsXp/Vista/7(32)

2011.5 Ver3.1

Click...

Ver3.1

レーザーマーキング機導入。レーザー照射で社名や製品名をマーキングするマシンだ。少ないロットでもオリジナルUSBメモリの提供ができる様になった。

 

Windws7 64bit版対応
それまで32bitでは使えた手法が64bitでは禁止されていた。64bitでは同じ機能を違う方法で実現した。

 

ハードウェアーの自社生産
このころ、USBメモリのハードウェアー部分の自社生産に切り替えた。提供できるメモリ容量とUSBケースの種類が増えた。

対応OS:WindowsXp/Vista/7(32)(64)

2012.9  Ver4.0

Click...

Ver4.0

溶剤系インクジェット印刷機導入。プラスチックのUSBメモリにフルカラーで印刷できる印刷機が導入された。アルミ製のUSBメモリは印刷はできないが、プラスチックにはフルカラー印刷ができるようになった。従来はシルク印刷で単色で2色程度だった。

 

セキュリティー機能の強化
海外輸出に対応する為に、暗号化ロジックを廃止してアクセスコントロールのみにした。

これによりオリジナルUSB作成を小ロットで対応できるようになった。

UsbServerの登場

対応OS:WindowsXp/Vista/7(32)(64)

2013.11 Ver4.5

Click...

 

Windows8対応完成。

OSのUSBメモリのアクセス方法が変更になった為、根本的な見直しを迫られた。

Windows8から高速スタートアップという機能が標準になり、この対応に時間がかかる。

幾つかの機能アップが計画されていたがOS対応のみを優先して機能アップは最低限にとどまった。

カラー印刷ができるマーキング機を導入。フルカラー印刷での名入れ対応ができるようになった。

対応OS:WindowsXp/Vista/7/8

Windows7以降は64bitOSにも対応

2014.8 Ver5.0

Click...

Windows8.1対応

Windows8と8.1は構造的な問題で大幅な仕様変更があった。USBメモリの規格も変更があったので対応に時間がかかった。Ver4.5で先送りになっていたマルチランゲージ対応(日、韓、中、英)に対応した。

Ver5で過去リクエストのあった機能は、ほぼ網羅している。

対応OS:WindowsXp/Vista/7/8/8.1

Windows7以降は64bitOSにも対応

 

Access Map

アクセス マップ

所在地:101-0047東京都千代田区内神田1-3-1 高砂ビル 4F

takasago BLD.4F 1-3-1 uchi-kanda chiyoda-ku Tokyo Japan

株式会社アブロードシステムズ Abroad Systems, inc.

http://www.abroad-sys.com

Phone 03-3518-0606  Fax 03-3518-0607

地下鉄:大手町駅 出口C1より右方面 神田橋交差点ちかく 

JR:神田駅 西口商店街先 左方面 徒歩8分  

営業:平日10:00~18:00  土日祝休み

神田運転免許更新センターの向かいのレンガ色の建物4Fです。

Access Map

アクセス マップ

所在地:101-0047東京都千代田区内神田1-3-1 高砂ビル 4F

takasago BLD.4F 1-3-1 uchi-kanda chiyoda-ku Tokyo Japan

株式会社アブロードシステムズ Abroad Systems, inc.

http://www.abroad-sys.com

Phone 03-3518-0606  Fax 03-3518-0607

地下鉄:大手町駅 出口C1より右方面 神田橋交差点ちかく 

JR:神田駅 西口商店街先 左方面 徒歩8分  

営業:平日10:00~18:00  土日祝休み

神田運転免許更新センターの向かいのレンガ色の建物4Fです。

Access Map

アクセス マップ

所在地:101-0047東京都千代田区内神田1-3-1 高砂ビル 4F

takasago BLD.4F 1-3-1 uchi-kanda chiyoda-ku Tokyo Japan

株式会社アブロードシステムズ Abroad Systems, inc.

http://www.abroad-sys.com

Phone 03-3518-0606  Fax 03-3518-0607

地下鉄:大手町駅 出口C1より右方面 神田橋交差点ちかく 

JR:神田駅 西口商店街先 左方面 徒歩8分  

営業:平日10:00~18:00  土日祝休み

神田運転免許更新センターの向かいのレンガ色の建物4Fです。

Price List

How to Order 

Question

お問い合わせに関して

【料金について】料金を知りたい場合は、注文書をダウンロードして下さい。製品別、容量別、数量別のプライスリストが確認できます。注文書ダウンロード XLSPDF

ご注文は注文書に必要事項ご記入の上、FAXまたはE-mailでお送り下さい。16:00までの受付で当日出荷になります。出荷した場合は宅配便の発送番号をご連絡しています。発送ができない場合は発送予定日をご連絡しています。

お見積を希望されている場合やご質問の方はこちらのお問い合わせフォームをご利用下さい。お問い合わせフォーム

【サポートについて】本製品は購入前・購入後共にメールサポートのみになります。操作方法や技術的な質問は電話では回答できません。

【お試しキャンペーン】商品別の機能を実際に手にとって試してみたい方は、最大50%OFFのセット購入がお得です。

詳しくはキャンペーンページをご参照ください。

Price List

How to Order 

Question

お問い合わせに関して

【料金について】料金を知りたい場合は、注文書をダウンロードして下さい。製品別、容量別、数量別のプライスリストが確認できます。注文書ダウンロード XLSPDF

ご注文は注文書に必要事項ご記入の上、FAXまたはE-mailでお送り下さい。16:00までの受付で当日出荷になります。出荷した場合は宅配便の発送番号をご連絡しています。発送ができない場合は発送予定日をご連絡しています。

お見積を希望されている場合やご質問の方はこちらのお問い合わせフォームをご利用下さい。お問い合わせフォーム

【サポートについて】本製品は購入前・購入後共にメールサポートのみになります。操作方法や技術的な質問は電話では回答できません。

【お試しキャンペーン】商品別の機能を実際に手にとって試してみたい方は、最大50%OFFのセット購入がお得です。

詳しくはキャンペーンページをご参照ください。

Price List

How to Order 

Question

お問い合わせに関して

【料金について】料金を知りたい場合は、注文書をダウンロードして下さい。製品別、容量別、数量別のプライスリストが確認できます。注文書ダウンロード XLSPDF

ご注文は注文書に必要事項ご記入の上、FAXまたはE-mailでお送り下さい。16:00までの受付で当日出荷になります。出荷した場合は宅配便の発送番号をご連絡しています。発送ができない場合は発送予定日をご連絡しています。

お見積を希望されている場合やご質問の方はこちらのお問い合わせフォームをご利用下さい。お問い合わせフォーム

【サポートについて】本製品は購入前・購入後共にメールサポートのみになります。操作方法や技術的な質問は電話では回答できません。

【お試しキャンペーン】商品別の機能を実際に手にとって試してみたい方は、最大50%OFFのセット購入がお得です。

詳しくはキャンペーンページをご参照ください。

このホームページ掲載のイラスト・写真・文章の無断転用を禁じます。すべての著作権はAbroad Systems,inc.に帰属します。